今日は乱暴な事書きます。FPのことですが。

2018年10月2日に「日本のFPのレベルではちょっときつい」をいうブログを書きました。それに関連する内容です。

ある生命保険の外交員から言われたこと

ある生命保険の外交員さんに会いました。

その方に2つのことを言われました。ざっくり言うと

 

1つは「ファイナンシャル・プランナーってお金のプロですよね? でもみんな貧乏そう」

2つ目は「相続診断士の人って、自分が死んでも相続税かからない人しかいないですよね」

 

簡単に言えばバカにされたということです。

ただ、この方間違ったことは言っていません。自分から見ても本当のことです。

はっきり言います。FPと相続診断士のほとんどは、稼いでいないです。

ちなみに、相続診断士って、FP資格や保険外交員がよく持っているのを見かけますが、いまだにどんな資格かわかりません。まあ簡単なんでしょう。

相談者よりも収入レベルが低いのに、他人の相談って…

相談者よりもお金がないどころか平均年収よりも低いFPが、マイホームがあーだこうだ、生命保険があーだこうだ、「家計の見直し」に至ってはもはやギャグでしかないです。

相談者から見れば、あなたの方が家計の見直し必要なんじゃないの?って。

 

相続診断士もそう。

自分が死んでも相続税がかからないのに、やれ自宅の土地は…、やれ生命保険の非課税金額は…、自分が自分の相続税すら気にしたことがないのに、他人にどうやってアドバイスするんだろう。少なくとも、相談者は、本当に相談して大丈夫かと思うでしょう。

 

セミナー・講演会、執筆活動、保険の営業、何でもいい。お金のプロたる者、せめて相談者よりも、とは言えなくても平均年収以上は稼いでいてほしい。

 

ちなみに私は、あまり言えませんが、妻が専業主婦をできるくらいの収入はありますので、ご安心してご相談ください。

関連記事

  1. 日本のFPのレベルではちょっときつい

  2. どんな方がFP相談に来られるか

  3. 保険選びで絶対に聞くこと

  4. 家計の見直し|FPアートリエール

    FP相談が必要な理由

  5. ふるさと納税は、会計士から見ても優秀

  6. 固有名詞は出せないが、商品力のある保険は存在する

ご相談人気ランキング

家計の見直し|相談ランキング1位生命保険相談|相談ランキング2位住宅ローン相談|相談ランキング3位資産運用の相談|相談ランキング4位
  1. 2018.11.08

    配偶者控除の150万円ルールは大した改正ではない。きつい…

  2. 2018.11.06

    今日は乱暴な事書きます。FPのことですが。

  3. 2018.11.01

    5月の話ですが、女性セブンに住宅ローンのことを書きました…

  4. 2018.10.25

    やばい!iDeCoセミナーが好評かつ好調

  5. 2018.10.04

    NISAの落とし穴

  1. 2018.09.16

    投資用のワンルームマンションてどうよ

  2. 2018.09.10

    貯金が出来ないのは性格の問題ではない

  3. 2018.09.06

    固有名詞は出せないが、商品力のある保険は存在する

  4. 2018.09.05

    永遠のテーマ 自宅は、賃貸か購入か

  5. 2018.09.04

    どんな方がFP相談に来られるか