配偶者控除の150万円ルールは大した改正ではない。きついのはご主人の年収基準

2018年から配偶者控除の改正が行われ、妻の年収がこれまでの103万円から150万円に広がります。

関心のある方は耳(ミニ)にタコができるくらい聞いたと思います。

これに関するコラムを読んでいると、ピントがずれているファイナンシャル・プランナーさんが多いので、ここで問題点を正しく書きます。

配偶者控除150万円ルールのまとめ

とりあえず簡単にまとめます。

  1. 150万円ルールは、配偶者控除ではなく「配偶者特別控除」の話
  2. ご主人の年収が1220万円以上なら、奥さんの年収に関係なく控除額はゼロ。

※実は、最大の改正点はこの「1220万円ルール」。

150万円ルールはどうでもいい。最大の改正点はご主人の年収基準

冒頭のまとめで話した通り、ご主人の額面年収が1220万円を超えると、奥さんが専業主婦でもパートさんでも何の控除も取れないことになります。

そもそも奥さんを専業主婦にできるご主人の年収が1220万円なんてザラですよね。

ご主人の年収が700万円くらいなら、奥さんはフルタイムか時短で働いています。だから、従来から配偶者控除も配偶者特別控除なんてもらっていないので、103万円ルールが150万円ルールになっても無関係なわけです。

問題は、さきほども言ったように、奥さんに専業主婦をさせられるくらい年収が高い世帯。

つまり、額面年収1220万円以のご主人に影響が強いのです。

事実上の専業主婦世帯への増税でしょうね。

自身の所得税、住民税、社会保険料への影響

結論、全くありません。

所得税…ご主人の控除に影響があるくらいで、稼いだ分だけ取られます。

住民税…所得税と同様

社会保険…額面130万円以上稼いだら、社会保険の扶養からは出なくてはなりません。結果、損。

関連記事

  1. どう考えても資産運用が必要な理由

  2. ふるさと納税は、会計士から見ても優秀

  3. どんな方がFP相談に来られるか

  4. 保険選びで絶対に聞くこと

  5. 固有名詞は出せないが、商品力のある保険は存在する

  6. やばい!iDeCoセミナーが好評かつ好調

ご相談人気ランキング

家計の見直し|相談ランキング1位生命保険相談|相談ランキング2位住宅ローン相談|相談ランキング3位資産運用の相談|相談ランキング4位
  1. 2018.11.08

    配偶者控除の150万円ルールは大した改正ではない。きつい…

  2. 2018.11.06

    今日は乱暴な事書きます。FPのことですが。

  3. 2018.11.01

    5月の話ですが、女性セブンに住宅ローンのことを書きました…

  4. 2018.10.25

    やばい!iDeCoセミナーが好評かつ好調

  5. 2018.10.04

    NISAの落とし穴

  1. 2018.09.16

    投資用のワンルームマンションてどうよ

  2. 2018.09.10

    貯金が出来ないのは性格の問題ではない

  3. 2018.09.06

    固有名詞は出せないが、商品力のある保険は存在する

  4. 2018.09.05

    永遠のテーマ 自宅は、賃貸か購入か

  5. 2018.09.04

    どんな方がFP相談に来られるか