1. HOME
  2. ブログ
  3. 清川のお金で大失敗 株式と投資信託で200万円やられた恥ずかしい話…

BLOG

ブログ

資産運用

清川のお金で大失敗 株式と投資信託で200万円やられた恥ずかしい話…

前回に続き、株で失敗

前回のよく調べもせず生命保険で50万円やれた話に続いて、今日は投資で失敗した話です。

清川ってほんとバカだなと思って、こんなことしないようにしてください。

 

これもまたベンチャーで働いていた頃の話です。

ある証券会社の飛び込み営業が来ました。

 

証「この辺を営業で回っている〇〇証券の〇〇という者なのですが…」

 

まだ結婚する予定もなかったし、それほどお金にも困っていなかったので、なんかお金を増やそうかなと思っていた時期でした。

 

清「ちょうど、少額の運用をしようかと思っていました」

証「ありがとうございます! ぜひお時間いただければ!」

 

後日話をしに、会社に来ました。

これから株価が上昇すると思われる銘柄を5つくらい提案されて、(たしか)100万円くらい投資しました。

やはり下がった!

購入したのはいいものの、株価は見る見るうちに下がる一方。

当然、傷が浅いうちに損失確定で売却。

すると、こんな株はどうでしょうか、こんなREITがありますよ~ の連続。

そして、投資しては下がりの繰り返し(^^;)

辞めたきっかけは、3つ

そんなこんなで結局、株式と投資信託は200万円の損失を出して辞めます。

その引き金となったのが、3つ。

①エルピーダメモリ―

証券マンにエルピーダメモリ―の株を提案されました。

購入した翌日に、1日で6万円儲かりました。もちろん利確させ売却です。

すると、その1週間後に、会社更生法適用…

そのまま持ち続けていたら、紙切れになっていました。

株投資の怖さを思い知りました。

 

②三洋電機

株価が下がったときに、証券マンから提案されました。

毎度おなじみ、購入したらまた下がる。

いつ上がるか、ワクワクしていた矢先、下がった株価でパナソニックがTOB…

ここで損失確定(^^;) 50万円くらいやられたかな…

 

③東日本大震災

震災の後、わかりやすく株価が下がったのは東京電力でした。

半値くらいに下がったときに、証券マンから提案されました。

買った翌日に、さらに半値になりました(^^;)

これで150万円くらいだったかな…

大負けしたおかげで、かえってスッキリ

200万円やられて、担当の証券マンもどっかに転勤になった時点で、パチンコ依存症みたいな自分に気づき、才能がないと思ってキッパリ辞めました。

200万円あったら、数寄屋橋次郎10回くらい行けましたかね…

 

生命保険と同様に、思い出すだけでも恥ずかしい…

一方で、秒で変わる株価に気を取られることはもうなくなりました。

だから、これだけの損失を出したにも関わらず、心はスッキリしました。

最新記事

お問い合わせ

相談人気ランキング