日本人の半分は107歳まで生きるらしいですけど、お金の続く自信ありますか

国連の推計によると「2007年に生まれた日本人の半数は107歳まで生きる」という発表がありました。
ちなみに、これを読んでいる50歳未満の方も100歳まで生きる可能性がかなり高いそうです。東京都中央区のFPアートリエールまでご相談ください。

国連が予測した人生100年時代

国連の推計によると「2007年に生まれた日本人の半数は107歳まで生きる」という発表がありました。
ちなみに、これを読んでいる50歳未満の方も100歳まで生きる可能性がかなり高いそうです。

30~40年後、3割負担の医療費、高額療養費制度、年金、介護、税金など、現在のお金の常識が通用しなくなるでしょう。

「今」のために行う家計の見直しは、意味がない

人生80年時代を前提にライフプランを立てると、老後破綻を起こす確率は爆発的に高くなるでしょう。
我々の寿命の中で老後の期間が長くなるにも関わらず、少子高齢化により社会保障はどんどん悪化していくことが容易に想像できるからです。
家計の見直しの内容は100人いれば100通りありますが、確実に言えることは、働けるうちから100歳までのお金の計画を立てなければならないということです。

本当のお金の専門家

当社代表は、ファイナンシャル・プランナー資格の最高峰であるCFP®以外にも、「公認会計士」、「税理士」、「宅地建物取引士」を保有しております。
前述のとおり、家計を見るに当たり、従来の常識や慣例はもはや通用しないでしょう。
つまり、「今」を前提にした雑誌やインターネットの情報は無意味と言えます。
本当のお金の専門家が、雑誌やインターネットでは知り得ない情報、知識、経験、知恵をもって、多面的にお金のコンサルティングをいたします。