1. HOME
  2. ニュース
  3. 私の顧客がコロナウィルスで損失をあまり出さなかった理由①

NEWS

お知らせ

資産運用

私の顧客がコロナウィルスで損失をあまり出さなかった理由①

コロナウィルスの猛威が止まらない

年始から始まった、12月決算と確定申告がようやく終息に向かおうとしています。

そんな中、世間は新型ウィルスによる人の動きストップと、株の暴落。

これを書いているいまもコロナの猛威は止まっていません。

子供のころから大好きだった志村けんさんが亡くなった直後です。悲しくてたまりません。

顧客の損失は最小

投資については、私の顧客もみなさん損をしています。

ただし、損失は極めて少ない。どうしてか。

 

なぜか。「原理原則」を教えたからです。

それぞれどんな銘柄を買ったかは知りません。

原理原則って? 

安定して4%儲かるA、と不安定で4%儲かるBなら、Aを選択する。

 

これを 公認会計士 × 証券アナリスト の視点で、見る指標を誰でもわかるように簡素化したということ。

私からレクチャーを受けた方たちは、本当にこれしか教わっていません。

これだけで、マネーリテラシーがワンランクもツーランクも上がったことでしょう。また、コロナウィルスが落ち着いたころには、すぐに損した部分を取り戻せるでしょう。

 

話は変わり、この仕事をしていると、「よく勉強して」、「よく比較して」、「リスクとリターンのバランス」という言葉を相談者からよく聞きます。

 

これについては、また次回お話しします。

 

最新記事

お問い合わせ

相談人気ランキング