1. HOME
  2. ニュース
  3. FP相談が必要な理由

NEWS

お知らせ

家計の見直し

FP相談が必要な理由

家計の見直し|FPアートリエール

FP相談が増えてきた理由

日本にCFP資格が出来たのは、1993年。
いまの知名度にしては意外と歴史は浅いんです。しかし、FPにお金の相談をするという風習ができたのはここ10年てところでしょう。

3つの理由

  • 1つ目は、「お金」というものが急激に複雑化してきたこと。仮想通貨、FX、投資信託、生命保険など
  • 2つ目は、情報をお金で買うという慣習が出てきたこと。
  • 3つ目は、インターネットの普及でFPという存在が知られ、身近な存在になったこと。

このあたりが理由でしょう。

専門家の私でもたくさん失敗してきました

自分も会計士の傍ら、FP業務をしています。
自分は社会人からの人生を振り返ると、お金については失敗の連続。
住宅ローン、生命保険、株式投資などロクに調べもせず、言いなりで進めてきました。

結果、大損。
例えば、生命保険。

自分なりに、「ほけんの○○」に行ったり、インターネットで調べたことはありました。で、自分なりには納得した上で加入しました。その上での失敗。

「何を聞くか」より、「誰に聞くか」

FPアートリエール

そこでわかったこと。
レベルの低いアドバイザーに聞いても大した回答は期待できないこと。大事なのは、「何を聞くか」よりも「誰に聞くか」が大事だということ。結局、お金周りは勉強しまくった結果、自分で自分をコンサルする形で、満足する結果を得られました。

怖いのは、自分はお金に対して100点満点中、90点は取れているだろうという過信。
FP相談を受けていて思うこと。大半の方は40点位です。

最新記事

お問い合わせ

相談人気ランキング