1. HOME
  2. ブログ
  3. 2004年のいまぐらいが人生のどん底

BLOG

ブログ

その他

2004年のいまぐらいが人生のどん底

今日は自分自身のことを書こうと思います。

今日は、2022年1月12日。

43年の人生の中で一番つらかったのは、18年前の2004年のいまごろ。

前にも書きましたが、当時32歳の姉が亡くなり約1か月。

父も下の姉も仕事。仕事をやめていた母は悲しみとモロに直面しなければならない…

当の私は、公認会計士の勉強に完全についていけなくなっていました。

公認会計士の勉強をなめていました。ちょっと勉強が遅れても挽回できるなんて考えていましたが、完全に赤信号でした。

もちろん、2004年5月の択一式は惨敗。

5者択一の試験なんですが、初学者の人が受かるのも珍しくないんですね。

とはいえ、会計士の択一式も難しいですから、落ちても恥ずかしくない。

それよりきつかったのは、2004年6月に受けた簿記検定1級。

年に2回しかない試験で、私が落ちたのはこれで12回目!

会計士コース受講者、過去11回不合格…

この時は本当にへこみました。

1年前に、会計士くらい1年で受かってやる!と意気込んで仕事を辞めたのに、1年後、相変わらず簿記1級すら惨敗のこの結果。

択一式は落ちても、さすがに初学者でもない人が受験に専念して簿記1級に落ちるのは情けなくて情けなくて…

このときだけは表情にでてしまってので、母も姉も心配していたそうです。

自分が考えていたよりも、公認会計士試験、は化け物でした。

下手に手を出すんじゃなかったと後悔しました。

ショックで重度の喘息にも罹患。

姉の死から半年。お金もない。受かる見込みなし。喘息で死にそうになる。

とはいえ、2年目のチャレンジも始まっている。

実は、逆転劇はここから始まるのでした。

続く

 

最新記事

お問い合わせ

相談人気ランキング